• HOME
  • BLOG
  • 仕事体験
  • ゆうぼくで、未来を描く。「自分自身を生きる」先のシゴトに出会えるビジョンクエスト

ゆうぼくで、未来を描く。
「自分自身を生きる」先のシゴトに出会えるビジョンクエスト

▼ 体験概要

事業者名(会社名)株式会社ゆうぼく
職種畜産・加工・販売
日程体験募集の受付を停止しています
時間1日目~5日目 9:00-17:00
※日程によって異なる場合もあります。
場所〒797-1212 愛媛県西予市野村町野村6-23-1
お問合せ一般社団法人 西予市移住定住交流センター
担当:山口
電話:0894-89-2372
メール:seiyo.lifestyle.center@gmail.com
備考5日間の仕事体験プログラムとなりますが、現地集合/現地解散となります。
宿泊先のご予約につきましては、参加者側にて御手配をお願いいたします。
(宿泊補助が1日5000円まで支給されます)
現地までの旅費・宿泊費は参加者側のご負担となりますのでご了承ください。
車の免許をお持ちでいない方は、宇和パークが宿泊場所としておススメです。

よりよい人生にするなら、会社の為でなく自分のために。

インターンシップでの受け入れに際して、「シゴト」について、こう話してくださったのは、代表取締役の岡崎晋也さん。(写真上段左端)
https://yuboku.jp/vision/
株式会社ゆうぼくは、愛媛県西予市の直営農場で自社ブランド牛「はなが牛」を育て、無添加の加工品や熟成肉として直営のレストラン・売店で提供している企業です。根強いファンが多いのは、食が命の糧であり、誰かにとっての大切なギフトであることを忘れない理念が製品や料理に息づいているからでしょう。私もその中の1人です。経営するレストランゆうぼくの里や、ノマディックでの美味しい一皿に出会い味わえば、シンプルに「美味しい!!」とカラダがその喜びをおしえてくれます。
なぜゆうぼくが素敵なのか?その魅力は企業のユニークさだけでなく、家業の会社を「面白い」と感じ、エンジニアから一転、経営者になった岡崎さんの存在もあります。常に未来を見据えて変わり続けていく社風を作り、KintoneAWARD2019グランプリを受賞した経験も。https://ascii.jp/elem/000/001/916/1916528/
どう働く?どう生きる?それを大切にするからこそ、岡崎さん自ら5日間のインターンシッププログラムを考案し、参加者に向き合います。

想いに共感して。

岡崎さんの周りには、新しい風のような仲間が集まってきています。
今年入社したコミュニティマネージャーの池口峻平さんと、精肉加工の佐藤尽生さんにお話を伺いました。

「社長といると、1番青空の下にいるような気がする。夢やビジョンを引き出してくれて、自分自身が持っている先入観まで取っ払ってくれる。爽快な気持ちでいられます。」そう話してくれたのは、佐藤さん。まだ進路も決まらない中、大学の学びの中で地域との関わりを持つきっかけとして、ピザの販売をしていたころ、就職相談会で岡崎さんと出会ったのです。「ここなら何でもやらせてくれそう。」直感で就職を決め、販売・牧場・精肉の現場を1カ月ずつ経験し、現在は、精肉の現場で働いています。「出来ると思っていたことが、全然できなくて打ちのめされる環境が今は楽しい。自分が揺さぶられて。」そう軽やかに笑う佐藤さん。未知のシゴトに精一杯取り組み、仲間に受け入れられ、働く喜びを実感されています。

「自社の商品を語れる肉屋ってなかなかない。そこが強みで面白いと思いました。」
広島県福山市で家業の精肉店で働いていた池口さんは、講習がきっかけで岡崎さんと出会います。「シゴトを通じて何を得たいかや提供したいかの価値観が変わったタイミングだったのかもしれないですね。」3年~4年連絡を取り合う中で、新たなチャレンジの場としてゆうぼくで働く事を選択されました。今のシゴトを通じて肉は命であることや、命を扱う働く人たちへの感謝の気持ちが強くなっているそうです。「社長はフラットでニュートラルな感覚を持ちながらも、常に消える事のない情熱とぶれない信念を持ち続けている。思慮深く、想定している範囲が広くて深い。尊敬しています。」その言葉の裏側には、岡崎さんからの厚い信頼も感じました。

ゆうぼくを舞台に若々しい感性でシゴトを楽しむメンバーとの時間で、あなたの中にも新しい風が吹いてくるかもしれません。

あなた自身をお互い知る。だから5日間。

「インターンシップは、体験もですが振り返りの時間を大切にしています。」岡崎さんは、そう言い切ります。牧場や精肉加工、販売の現場を一通り体験したあとでのワークショップは丸2日間。マイナビの「第3回学生が選ぶインターンシップアワード」入賞もされているプログラムは、募集をしていなくてもエントリーがあり開催が決まるほど。あなた自身を楽しんで活かしきることが出来る事こそ、良いシゴトの本質。ゆうぼくに出会うなら、自分自身にも出会って欲しい。この体験を得たあなたは、豊かなギフトを受け取る事になるでしょう。そしてきた時よりも「この一皿」をより味わい深く感じるはずです。

(ビジョン・クエストとは、ネイティブアメリカンの自分自身を見つめ『自分はどのように生きるべきか』を見つけるために、部族から離れたった一人で旅をする成人の儀式です。)

体験スケジュール

▼1日目
時間経過行程体験内容
09:00集合列車でお越しの方は、卯之町駅に。
車でお越しの方は、西予市米博物館に直接お越しください。
プログラムの説明と助成金のお支払いをいたします。
10:00オリエンテーション1.自己紹介
2.体験スケジュール/注意事項
12:00食事
13:00仕事の体験牧場での作業
17:001日目終了
▼2日目
時間経過行程体験内容
09:00仕事の体験牧場での作業
12:00食事
13:00地域体験西予探策の時間
・少しでも西予を知ってもらうため、目的地を決めて探策してもらいます。
17:002日目終了
▼3日目
時間経過行程体験内容
09:00仕事の体験ソーセージづくり体験
12:00食事ゆうぼく民にてランチを堪能
13:00仕事の見学販売店の見学
13:30ワークこれまでの体験のまとめ
(16:30~発表タイム)
17:003日目終了
▼4日目
時間経過行程体験内容
09:00仕事の見学肉の仕入れ同行(出荷した牛の枝肉の選定)
12:00食事
13:00ワーク自分自身のオリジナル事業の立案の資料作成
17:004日目終了
▼5日目
時間経過行程体験内容
09:00ワーク前日の資料作成の続き
12:00食事
14:00ワーク自身の描く事業プランの発表
15:00終了終了後、(一社)西予市移住定住交流センターにて移住相談対応を行います。
16時迄。

留意事項

◼️参加にあたり、新型コロナウィルス感染拡大防止策ご協力のお願いをご確認のうえ、感染防止策の徹底をお願いします。

◼️参加者の宿泊数に応じ、1泊あたり5,000円(6泊分まで)を助成します。ただし、宿泊助成は体験プログラムに要する泊数までとなります。

◼️参加者の居住地から体験先までの往復旅費、体験中の食事等は、参加者の自己負担となります。

◼️参加者のみなさまは、体験プログラムにかかる傷害保険に加入します。
・体験プログラムにのみ適用される保険です。
・体験プログラム時間外には適用されません。

◼️宿泊が伴う体験プログラムの場合、宿泊施設につきましては参加者ご自身でのご予約をお願いいたします。

◼️体験プログラムの行程に合わせて、現地集合・現地解散とします。
 ※住所は体験先が決まった際にご連絡します。

◼️体験中は事業所あるいは地域おこし協力隊等が同行するほか、体験後においても移住相談等のサポートをさせていただきます。

関連記事